ニキビ跡に効果のある化粧水は?

保湿成分が豊富なもの


ニキビ跡をきれいにするためには、肌のターンオーバーを促すことが大切です。ニキビ跡は、肌細胞が傷ついたことが原因で跡が残ってしまっているのです。保湿をすると、肌のターンオーバーが促されます。肌のターンオーバーを促すと、少しずつ肌細胞は生まれ変わっていきます。そして、新しい細胞が古い細胞を上に押し上げていき、古い細胞は少しずつ剥がれ落ちていくのです。
化粧水に使われている代表的な保湿成分は、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、コラーゲンなどです。いわゆるしっとりタイプの化粧水に多く配合されている成分です。なかでも、ビタミンC誘導体には美白効果があります。そのため、色素沈着が原因のニキビ跡にも効果的な成分です。



美白成分が配合されているもの


ニキビ跡には、色素沈着が原因のものもあります。そのため、色素沈着を消すためには美白成分が配合されているものがよいです。色素沈着は、メラニンが肌細胞にたくさん留まっていることが原因で起きます。美白成分には、この留まっているメラニンを体外へ排出するよう促したり、薄くしたりする作用があります。ビタミンC誘導体やハイドロキンという成分が代表的な美白成分です。これらの成分は化粧水によく用いられています。
最近では、保湿成分と美白成分が両方配合されている化粧水も販売されています。両方の成分が含まれているものを使用したほうが、より効率的にニキビ跡を薄くしていくことが可能です。なにより、自分のニキビ跡に合わせた化粧水を使うことが大切です。