ニキビ跡を上手く隠せる化粧方法

赤いニキビ跡を上手に隠すコツ


ニキビにはいくつかの種類がありますが、赤ニキビの跡を隠す時は黄色のコントロールカラーがおすすめになります。
黄色には赤色を補色してくれる効果があることから、黄色のコントロールカラーで自然に肌と一体化してニキビ跡が目立たなくなるのです。この時にニキビ跡がピンポイントで気になる場合は、綿棒などを利用してその部分に塗るようにするといいでしょう。
赤みを隠そうとコンシーラーやファンデーションを塗り過ぎると、厚化粧に見えてしまうので注意が必要です。中には美肌を意識して、白のファンデーションを使用する人も少なくありません。しかし、白はより一層赤を協調させてしまうため、ニキビ跡が残ってる間は白系のファンデーションは避けましょう。



シミやクレーターのニキビ跡を隠す方法


シミや色素が沈着したニキビ跡を隠す時は、リキッドファンデーションがおすすめです。使い方は、まず最初に化粧下地を顔に塗った後にリキッドファンデーションを全体に塗りこむようにします。この時にカバー力の高い物を選ぶことで、より一層高い効果が期待できるでしょう。この時に隠したい範囲が広い場合は、再度薄めにファンデーションを塗った後に、コンシーラーを使用すれば目立たなくなります。この時に厚化粧にならないように、コンシーラーの塗り過ぎには注意しましょう。
クレーターのようなニキビ跡の場合は、まずはクレーター部分を埋める作業から始めます。この時に注意するポイントは、化粧下地で埋めるようにすることです。ファンデーションやコンシーラーを使って埋めようとすると厚化粧になってしまうので、必ず化粧下地で埋めてからファンデーションを塗るようにしましょう。